サンリッツ

愛知県名古屋市の「有限会社 サンリッツ」。中学の軟式少年野球のコーチングならお任せください。

試合結果

試合結果

2018.12.1

第35回 友好会愛知ジュニアリーグ大会・決勝トーナメント

準々決勝

愛知フラッシュジュニア  4-2  SUNLITS
1 2 3 4 5 6 7 8 9
愛知フラッシュジュニア 0 0 3 0 0 1 - - - 4
SUNLITS 0 0 0 0 0 2 - - - 2

時間規定により、6回終了

バッテリー
加藤、佐藤 - 八坂

コメント

両チームとも是が非でも先制点が欲しい。そして立ち上がりに注目した。

先発加藤はここ2試合、無四球で来ていたが、初回にまさかの二四球。2回にも先頭打者に四球、初回、2回ともにピンチを招くが何とかしのいだ。しかし3回、又も先頭打者に四球を与える。バントで送られた後、3番打者のセーフティバントの処理が遅れ一、三塁。続く打者にも四球で満塁となった後のセンターフライが犠牲フライトなり先制を許す。その後もヒット、四球で再び満塁。カウント3-2から、ピッチャー加藤の三塁への牽制がボークとなり追加点を許し、押し出しの次打者を四球で歩かせたところでピッチャー交代。替わった佐藤も押し出しの四球を与え、決定的な3点目を奪われた。

6回にも1点を追加され最終回の攻撃、1out後、2番濵口が内野安打で出塁、2out一、二塁となった後、中村がセンターへタイムリー。加藤もレフト前へ運び満塁とすると、続く山口が四球を選び押し出しで2点目。一打同点まで詰め寄ったが、代打田中がサードゴロに倒れゲームセット。

前回の対戦に続いての敗戦。力の差というより、気持ちの差が随所で出て大きな1点につながった。どんなに苦しい場面でも相手投手の篠谷君は決して動揺すること無く、思い切って自分の良さを前面に出していた姿に脱帽だった。自分の持ち味を存分に表現する姿にあっぱれでした。

次の一球、次のワンプレーがどれ程大きなことになるのか、ここを理解した次のプレーが出来ないところに弱さがある。これで今年の試合が終わった。これから3月の全日本名古屋市予選までの期間、各自がしっかり自分磨きに時間を注ぐか。一人一人の成長を楽しみにしていきたい。

 

 

2年生、今までのような甘えた取り組み方では、又同じことを繰り返しますよ。君たちの覚悟を見せて下さい。楽しみにしています。

  • Heros
  • Mentons
  • パーフェクトボディー
  • クガ接骨院