サンリッツ

愛知県名古屋市の「有限会社 サンリッツ」。中学の軟式少年野球のコーチングならお任せください。

試合結果

試合結果

2018.5.6

第34回 友好会ジュニアリーグ

第6戦

SUNLITS  0-4  藤華クラブ
1 2 3 4 5 6 7 8 9
SUNLITS 0 0 0 0 0 0 - - - 0
藤華クラブ 2 1 0 0 1 × - - - 4

※時間規定により、6回終了。

バッテリー
山森 - 八坂
長打
二塁打:佐藤

コメント

リーグ戦最終戦。ここまで4勝1敗、エース山森が藤華クラブ打線にどんなピッチングが出来るか。

初回1out後、ヒットと盗塁で二塁。2outをとった後、低めのワンバウンドする変化球で三振に仕留め、キャッチャー八坂が一塁へ送球するも、一塁手飯田がハンブルし二塁走者を生還させ先制を許す。直後連続ヒットで2点目を奪われる。2回には先頭打者に二塁打を打たれ、送りバントとスクイズで追加点を許した。

打線は3回1out二・三塁、4回0out二・三塁のチャンスを作るが、ここから打線が振るわず無得点。昨日からの悪い流れが続いてしまった。

与えられた役割、チームのムードを良くしようと、この連休中は様々な機会を与えられた。そして個々が前向きに取り組む姿勢も見られる様になって来た。ただ、結果は直ぐに出るほど甘くはないということも、昨日今日の二日間で感じること出来たと思う。というより、理解して欲しい。

メンタル的に継続していく内容、技術的な個々の課題をしっかり整理して、一日一日の時間を大切にして取り組んで欲しい。自分のやるべき課題をしっかり整理して、継続してやり抜くこと。自己のコントロールしかありません。ここからが本当の意味で、君達の本気度が試される時間となるでしょう。期待して見ています。

 

3年生、あっという間に今年も三分の一が終わっています。野球に勉強、そして生活態度について、今一度自分自身を見つめ直し、改めることがあれば今すぐ実行に移して下さい。未来は勝手にやって来ますよ!

  • Heros
  • Mentons
  • パーフェクトボディー
  • クガ接骨院