試合結果 | 愛知県名古屋市の中学軟式少年野球チームSUNLITS(サンリッツ)

サンリッツ今一生

試合結果

合結果

第34回 全日本少年軟式野球東海大会 ・決勝

2017.6.17

決勝

SUNLITS 1-5 二見中学校(三重代表)

1 2 3 4 5 6 7
SUNLITS 1 0 0 0 0 0 0 1
二見中 4 0 0 0 0 1 × 5
バッテリー
酒井、伊藤、関戸 - 岡
長打
コメント

全国まであと一つ!

前の試合を終え40分後にプレイボール。相手は前の試合で猛打爆発10得点を挙げ、二人の投手も万全の状態。

初回、1outから脇谷が四球で出塁、ボークで二塁へ進み、関戸の内野ゴロで2out三塁。酒井が四球で歩き、2out一・三塁。続く岡の3球目に酒井が盗塁、キャッチャーと二遊間のタイミングが合わず、送球が逸れる間に脇谷がホームイン。

その裏、先発酒井は前の試合の影響が残ったままの投球となってしまった。1outを取った後、三者連続の四球、追い込んだ後ライトへ上手く持っていかれ同点。ここで伊藤にスイッチするも、好調の二見打線は見事な集中打を浴びせる。レフト前ヒットでで2点目、2outを取った後、強烈なサードライナーを脇谷が弾き更に2点を追加された。しかし2回からは、伊藤が本来の持ち味を発揮し、2回から5回まで相手打線をノーヒットに抑え味方の反撃を待った。(一日の規定投球回数7回を無失点に抑えた)

4回の攻撃、先頭酒井、続く岡の連続ヒットで0out一・二塁。堀部がしっかり送り1out二・三塁のチャンスで、県大会から当たっている足立を迎える。初球エンドランが空振りとなり挟殺プレーで2outとなる。その後、粘って四球で出塁するも続く伊藤がライチフライに打ち取られ反撃機を逃した。その後は、ノーヒットに封じ込められた。

優勝した二見中学校、大西君、小野君の両投手と強肩捕手キャプテンの中川君のバッテリーはレベルも高く、攻守にバランスのとれた素晴らしいチームでした。全国での活躍を期待しています。優勝目指して頑張って下さい!!

今大会は、選手間でも継投のタイミングや攻撃での決め事など、チームとしてまた、個々にしっかり練習をして臨んだが、やはり東海大会ともなるとそうは簡単に決まるものではない。結果は残念ではあるが、子供達が自分で考え、勇気を持ってチャレンジした姿は、また一つ大きな成長を見せてくれた。その時の決断は全て自分にある!ということが少しずつ分かって来ている様に感じる。

夏の大会に向かって更に自分を高めて行こう!!答えは全て自分の中にありますよ。

 

育汰、今日一日7イニングを良く投げた!どの場面からでも落ち着いて投げられるようになってくれよ。自分の良さに更に磨きをかけること!!

TEL:052-698-2880
メールでのお問合せ
  • お問合せ
  • 中部軟式野球クラブチーム SUNLITS
  • 練習風景・ギャラリー
  • 会員専用ページ
  • スタッフ紹介
  • 入会説明
  • ムービー
ページトップへ