未分類 | 愛知県名古屋市の中学軟式少年野球チームSUNLITS(サンリッツ)

サンリッツ今一生

試合結果

合結果

第34回全日本少年軟式野球名古屋市大会・3回戦

2017.3.26

3回戦

SUNLITS 4-3 ラハイナオーシャンズ

1 2 3 4 5 6 7
ラハイナ 1 0 0 0 0 0 2 3
SUNLITS 0 0 0 0 3 1 × 4
バッテリー
伊藤、堀部 - 岡
長打
二塁打:脇谷
コメント

初戦の試合から一週間、個々に必要な練習を重ね臨んだこの試合。少し雨の降る天候の中、先発の伊藤が見事なピッチングを披露した。

初回、先頭打者にアウトコースのスライダーを上手くライト前に運ばれ、2out二塁から盗塁を仕掛けられ、キャッチャー岡が三塁へ悪送球し1点を先制された。しかし、その後は持ち前の緩急をつけるピッチングで相手打者を翻弄し、味方の援護を待った。

4回までノーヒットに抑えられていた打線は、5回にようやくチャンスをつかんだ。1out三塁からバッター伊藤がセンター前へポテンヒットを放ち同点。ワイルドピッチで二塁に進んだ後、バッター草間が三遊間を抜くヒットでつなぎ、すかさず盗塁を決め二・三塁のチャンスに脇谷が三塁線を抜くタイムリー二塁打で逆転!続く6回には、吉田が死球で出塁。代走に出た渡邉が盗塁を決め1out二塁から、石川がセンターへの飛球を放つ。渡邉がタッチアップし三塁を狙う、センターも三塁へ送球するが、三塁手がボールを後逸する間に渡邉がホームイン。点差を3点に広げた。

最終回、好投を続けて来た伊藤が制球を乱し、堀部にバトンタッチ。雨もやや強くなる中、堀部も連続死四球と犠牲フライで1点差。しかし最後まで自分の良さを信じて投げ切り、最後の打者をファーストフライに打ち取りゲームセット!

先発伊藤は、6回1/3、90球、被安打1。ベストピッチングであった。

厳しい試合ではあったが、みんな明るい雰囲気の中、個々の役割をしっかり果たせたナイスゲームであった。

 

育汰、途中から気合も入って来たな。最高のピッチングに感動したぞ!!

海斗、ナイスバッティングだったな!良いムードで引っ張れてるぞ!

佑斗、やっぱりお前の最大の武器は足だな。あの1点が大きかったな。

TEL:052-698-2880
メールでのお問合せ
  • お問合せ
  • 中部軟式野球クラブチーム SUNLITS
  • 練習風景・ギャラリー
  • 会員専用ページ
  • スタッフ紹介
  • 入会説明
  • ムービー
ページトップへ